自己破産の手続きの際に必要となる弁護士費用

自己破産は債務整理の方法の中でも、経済的なリスクが大きいことから、腕の良い弁護士に相談をしながら、慎重に手続きを進めることが大切です。近年では、自己破産を希望する人を対象として、着手金の支払いが必要ない法律事務所も増えており、経済的に困窮をしている人であっても、気軽に相談ができる状況になりつつあります。また、弁護士費用の総額に関しては、自己破産の金額の大きさや相談者の経済的な事情によりますが、早期に実績のある事務所にサポートを依頼することが肝心です。自己破産の手続きをすべて終えるまでには、数か月から半年程度の時間が掛かりますが、特に多額の借金を抱えている場合には、相談先の選び方にこだわることが大切です。

過払い金の相談ができる弁護士の選び方

かつて消費者金融のキャッシングサービスを利用したことがある人の中には、借り入れ先の業者に過払い金の返還請求をすることで、一定額の借金を減らすことが出来るケースがあります。近年では、過払い金に関連するトータルサポートが行われている法律事務所の取り組みに注目が集まっており、複数社からの借入額を大幅に減らすうえで、積極的に相談先を選ぶことがおすすめです。特に、数十万円から数百万円以上の過払い金が発生している場合には、自己破産をはじめとするトラブルを回避できることもあり、着手金や成功報酬などに気を使いながら、経験豊かな弁護士に対応を任せることが有効です。その他、過払い金の返還請求を行うことのできる期限は、消費者金融を利用していた時期によるため、余裕を持って準備を始めることがポイントです。

自己破産とは、借金の支払不能を裁判所に認められ、さらに免責許可を得ることで、全ての借金返済義務を免除できる債務整理のことです。