株式取引による投資株の選び方

株式取引を行うときには現物取引の考え方が一般的に広まっています。投資株の選び方の基本として、これから株価が伸びていくと想定される成長している株式会社の株を購入するというのが知られているでしょう。これから新たに事業展開をして成功しそうな様子を見せているというときに株式を購入し、大きな成長を見せると飛躍的に株価が上昇していくのが一般的です。そこで購入しておいた株式を売却すれば大きな現金利益を得ることができます。これが株式取引での投資株の選び方として通常のものですが、信用取引の場合には期待の株があったときには現金を借りて株式を購入できるようになっているのが特徴です。持っている資金よりも多くのお金を動かせるのは大きな利益につながるメリットでしょう。

信用取引におけるもう一つの方向性

信用取引を行うときには投資株の選び方としてもう一つの方向性があります。これから株価が下落してしまうと想定される株式会社の株を売却するという方法もあるのです。持っていない株を売ることができるのは信用取引の特徴であり、株を借りて売るという形でこの取引を行えます。これによって投資会社に対して株を返さなければならない状況ができてしまいますが、その後に株価が下落したら購入して返せば良いのです。すると当初の売却価格と返済のための購入価格の差分が利益にできるという仕組みになっています。このような形で事業の雲行きが怪しい株式会社を選んで株を選ぶという方針も立てられるのは信用取引のメリットです。

信用取引の費用はこれからの業績向上に向けては欠かせない費用です。数10万~数100万以上はかかりますが費用額が高い分信頼度も高いため大事な取引先ではその額が目安になります。